履歴書で重視されるポイント

33歳の履歴書で重視されるポイント

 

 33歳の中途採用の場合、即戦力として活躍できる素地があるかどうかが、書類選考の際に一番重視されるポイントです。それを確認できるのが、職歴と資格・免許、志望動機、自己PRです。

 

 履歴書は応募者の個人情報を伝えるための書類なので、項目や書き方にルールがありますが、限られたスペースの中で、いかに自分をアピールできる情報を盛り込めるかどうかが、とても大事です。

 

 職歴を書く際には、企業名だけでなく所属部署やポジションまで記載するなど、一目みてスキルがわかる工夫をするように心がけましょう。また、志望動機と自己PRの書き分けも必要です。

 

志望動機に何を書くべきか

 

 33歳が履歴書の志望動機を書くとき、応募企業への入社の意欲を書くだけでは不十分です。そこには、自分を採用することで、企業側にどんなメリットがあるかを、明記する必要があります。

 

 自分のキャリアと実績、スキルをどう活かして、入社後にどんな貢献ができると考えているのかを、必ず志望動機に盛り込んでください。また、企業理念や事業ビジョンが、自分のキャリアビジョンといかにマッチしているのかをアピールするのも、テクニックの一つです。

 

 

【関連記事】

履歴書で重視されるポイント関連ページ

職務経歴書で重視されるポイント
履歴書と職務経歴書の違い