職務経歴書で重視されるポイント

33歳の職務経歴書で重視されるポイント

 

 33歳の職務経歴書では、応募者の過去の仕事内容と実績、現在持っているスキル、自社に定着できるビジョンを持っているかどうかを、重点的にチェックされるものです。

 

 そして、将来の管理職候補として、リーダーシップやマネジメントスキルを発揮した経験の有無も、注視されるポイントです。そうした要素を、コンパクトに職務経歴書に盛り込むために、どんなフォーマットを選ぶべきかも、しっかり考えて選びましょう。

 

複数の読み手を意識して作成する

 

 職務経歴書は、募集職種に対する専門スキルのない採用担当者から、上司になる可能性が高い現場責任者、採用の最終決定権を握る経営陣まで、さまざまな立場のひとが目を通します。

 

 そして、立場の違いによって、チェックするポイントが異なります。そうした個々のニーズに対応する内容が、職務経歴書の中に盛り込まれるように、書き方に工夫が必要です。

 

 自分個人の実績だけでなく、プロジェクトでの成果を取り上げ、組織内でどんな役割を果たし、どんなことを心がけたかも書き込むなど、自分のマネジメントスキルをアップする努力を見せるのも、一つの方法です。一つでも多く、自分を採用するメリットを伝えましょう。

 

 

【関連記事】

職務経歴書で重視されるポイント関連ページ

履歴書で重視されるポイント
履歴書と職務経歴書の違い