面接マナーを復習しておく

身だしなみ&立ち居振る舞いのマナー

 

 33歳のビジネスマンで、完璧に接遇マナーを体得しているのは、接客業や秘書の経験があるひとくらいなのではないでしょうか。面接でのマナーは、営業活動での接遇マナーとは違う、初対面のひとに失礼にならない礼節が求められます。

 

 また、ビジネス用のスーツで面接を受けるのは構いませんが、そこには清潔感を感じさせることが不可欠です。服装に汚れやしわがないか、靴やカバンの手入れはされているか、髪や爪が整っているかどうかも、大事なチェックポイントです。

 

 さらに、ノックの回数やお辞儀の角度、上座と下座を理解しているかどうかなど、面接官は応募者の立ち居振る舞いから、ビジネススキルのレベルを読み取っています。面接前には必ず、接遇マナーを復習しておくようにしましょう。

 

質疑応答のマナー

 

 キャリアのある33歳ともなると、仕事のスタイルやプレゼンテーション方法にこだわりがあるものです。自分を価値づけするために、主張するひとも少なくないのですが、こと面接においては、逆効果になる場合があります。

 

 面接官の質問に、端的に的確に答えることを意識し、結果として質問回数を増やすことを目指しましょう。自己主張が強いと、協調性が疑われるので注意が必要です。

 

 

【関連記事】

面接マナーを復習しておく関連ページ

逆質問を用意しておく
面接対策は万全に