逆質問を用意しておく

自分の長所をアピールする逆質問

 

 逆質問は、応募企業に関する疑問や確認事項についてを質問するだけではなく、自己アピールにもつなげることができるものです。33歳の中途採用者に対して、企業は「責任感」や「協調性」の有無をチェックしますので、その点を謙虚にアピールできる逆質問を用意しておきましょう。

 

 例えば、「初対面のひとともフランクに話ができると思いますが、配属先の雰囲気はどんな感じですか?」「前職までの●●というスキルを活かせると思いますが、それ以外に習得しておくべきスキルはありますか?」などが質問例です。

 

 それまでの質疑応答でアピールできなかった点を、逆質問で補いましょう。

 

勤務条件をチェックするための逆質問

 

 33歳での転職の場合、入社後にミスマッチに気づくと、その後のキャリア形成に影を落としてしまいます。だからこそ、面接の際に自分の希望条件に合った企業かどうかを、逆質問しておきましょう。

 

 質問の仕方としては、「前職では月の平均残業時間が30時間程度でしたが、御社では平均どれくらいか教えてください」「仕事の繁忙期はいつごろで、どれくらいの間続きますか?」などがあります。

 

 自分の入社条件に必要な要素は、きちんと逆質問しておきましょう。

 

 

【関連記事】

逆質問を用意しておく関連ページ

面接マナーを復習しておく
面接対策は万全に