面接対策は万全に

面接対策の重要性

 

 転職面接は、事前準備をきちんと行ったかどうかで、採否が決定するといっても、過言ではありません。応募書類は控えをとっておき、面接前に読み返せるようにしておく、応募企業のホームページだけでなく、扱う製品やサービスに関するニュースにも目を通すぐらいの気構えが必要です。

 

 33歳ともなれば、入社後は即戦力として成果をあげるだけでなく、将来の管理職候補として、多角的な視野を持ち、企業貢献しようとする姿勢が不可欠です。

 

 だからこそ、入社の意思の強さを面接でしっかりアピールできるように、きちんと面接対策に時間を割きましょう。

 

事前準備で確認しておくべきこと

 

 では、事前準備で確認しておくべきこととは何かを考えてみましょう。まず、転職するからには、希望する職種であるだけでなく、職場の雰囲気やビジョンが自分の働くことに対する志向性とマッチしているかも、きちんとチェックしておく必要があります。

 

 だからこそ、企業理念や事業ビジョン、扱っている製品・サービス、主要な取引先など、最低限の情報は頭に入れておきましょう。

 

 また、キャリアアップ転職を希望しているなら、ライバル会社についても同様の情報を集め、比較して話ができるように準備しておいてください。

 

 

【関連記事】