円満退職を目指す

円満退職はどうしてマストなのか

 

 33歳でキャリアアップを目指す場合、それまでキャリアと実績をあげてきた業界や職種で転職先を探すひとが多いことでしょう。特に居住地域が変わらず、同業界・同職種に転職をする際は、その後も取引先や出入り業者とつきあいが続く可能性が少なくありません。

 

 さらに、それまで勤務していた会社とも、どのような形で関わることになるかも未知数です。だからこそ、退職トラブルを起こして、業界内に悪い噂が広がったりすると、その後の自分のキャリアアップの足を引っ張ることがないよう注意が必要なのです。

 

円満退職するための方法とは

 

 円満退職するためには、段取りをきちんと踏みながら退職手続きを進めること、そしてきちんと引き継ぎをしてから退職することが大切です。退職の話を一番最初にするのは、直属の上司と決め、相談という形で打診をしましょう。

 

 どんなに親しい同僚であっても、退職の意思があること、転職活動を行っていることは、絶対に話してはいけません。また、退職日の設定も、会社側と後任人事や引き継ぎ期間について話し合ったうえで確定し、転職先への入社日は退職日が決まってから決めるようにしましょう。

 

 この順番を間違うと、トラブルに発展する可能性があります。

 

 

【関連記事】