退社の理由は前向きに語る

それでは仕方がないと思わせる理由を伝える

 

 円満退職をするためには、直属の上司に退社の理由を説明し、納得してもらう必要があります。退社の理由を伝えるときには、必ずしも本音で話す必要はなく、相手が仕方がないと思われる理由を伝えることが大切です。

 

 例をあげてみると、「この年齢だからこそ、チャレンジしてみたい仕事がある」「自分をより成長させるために、仕事のフィールドを変えてみたい」など、前向きな理由を伝えてみましょう。

 

 そうした言い方だと「自社でもできるはず」という慰留工作につながりそうな場合は、「一身上の都合」「家庭の事情」などを、退社の理由にするとよいでしょう。

 

不満や不安は絶対に口にしない

 

 ここで大事なポイントは、勤務先に関する不満や不安があっても、絶対に口にしないということです。直属の上司は、その後も自分が退社しようとしている会社で働き続けます。

 

 その会社を批判されることを、快く思うはずがありません。感情的な遺恨を残すことは、退職トラブルの火種をつくることになりかねませんので、注意が必要です。

 

 あくまでも自分の都合で退社することを、ポジティブに説明できるように準備しておきましょう。この退社の理由は、面接で聞かれることもあるので、きちんと考えておいてください。

 

 

【関連記事】