入社前のチェックポイント

面接の際に質問してみる

 

 33歳の転職は、その後のキャリア形成に少なくない影響を与えるのですから、自分にとって最適な会社かどうかを、真剣に見極める必要があります。だからこそ、面接のときに、自分にとって働き心地がよい職場かどうかを、リサーチするための逆質問をしてみましょう。

 

 「御社の求人広告の中で、やる気がある人材は年齢に関わらず登用するという一文が印象に残っているのですが、具体的に若年者が抜擢された事例や、社員のアイデアを事業化した例などがあれば教えてください」などと質問することで、自分のキャリアアップにつながるかどうかを、図ることができます。

 

 転職サイトの事例などを参考に、自分の気になることを確認できる、逆質問を用意しておきましょう。

 

労働契約内容を確認する

 

 内定の連絡があったら、入社を承諾する前に、「労働契約内容」を書面にして明示してもらう機会を、必ずつくってもらってください。それは、労働基準法で定められていることです。

 

 書面の提出を渋る企業の場合、ブラック企業の可能性もあるので、入社を再検討すべきです。提示された労働契約内容、特に勤務地や職種、給与などの条件で交渉したいことがある場合、この時点で話をするのが最後のチャンスです。有効に活用しましょう。

 

 

 

【関連記事】