会社から引き止めにあった時の注意点と対応のポイントを整理します

話を聞き、受け入れ可能かを検討

 

 転職のために会社を辞めるということ自体もなかなかのハードルなのに、会社からの引き止めがそれに加われば、そのハードルはさらに高いものとなってしまいます。それでも、これに上手く対応し、このハードルを越えていかなければなりません。

 

 会社があなたを引き止める時、必ずそこに何かしらの“あなたにとって都合の良い条件”が存在するはず。待遇を上げてくれるだとか、業務内容や働き方を改善してくれるだとかが、その類い。

 

 あるいは、退職時期を遅らせて欲しいという要請などもあるかもしれません。

 

 そうした会社側の引き止めと同時に提示されるコトをしっかりと聞き、もし受け入れが可能であれば、円満に対処することを優先するために、退職することも、その時期も含め検討し直すことを考えてみましょう。

 

 

周囲に相談を広げるのは待つべし

 

 会社からの引き止めやそこに付け加えられる条件等があまりあなたにメリットをもたらさない場合には、退職する旨をしっかりと伝えることが大切です。それでも引き止めをしてくることは考えられますが、その時にあなたが取るべきではない行動があるので覚えておきましょう。

 

 周囲にあまり相談しないことです。周囲とは、直属の上司ではない同僚や部下、あるいは取引先やその他仕事関係の人など、会社に何らかの関わりがある人には相談をもちかけないのが無難。

 

 あちこちに相談したり状況を逐一報告したりすると、ややこしくなるケースが非常に多い。自分と直属の上司との間で解決を図ることにまずは専念しなければなりません。

 

 

言葉や態度にブレが生じないようにすること

 

 会社からの引き止めを体験すると、そんなつもりはないのにどんどん自分で自分を不利な状況へと追い込んでしまう転職希望者がいます。そうした人たちに共通しているのが、“ブレてしまうこと”です。

 

 退職するための理由、それの伝え方、その時の感情、退職の時期や方法・手順など、さまざまな要素がありますが、これらにブレが生じてしまうと会社との関係をこじらせ、余計に話がややこしくなってしまうでしょう。

 

  会社からどんな引き止めにあうかはわかりませんが、とりあえずは冷静に対処しブレないこと。これが大きなポイントとなることは間違いありません。

 

 

【関連記事】