33歳の転職を成功させるための手順

 まさに機は熟した感のある33歳。転職を志す年齢としては、これ以上のタイミングはないのかもしれません。その代わり、この年代はライバルが多いことも事実。特に同年代のライバルに負けないような転職活動を、以下の点に注意しながら歩んでいきましょう。

 

 

転職準備はしっかりと

 

 ライバルが多いということは、あなたにしかない価値を見出してあげないと、生き残ることは難しいということでもあります。その価値を見出すことが転職準備の重要作業。この作業の注意点は、その価値が自分の思い違いではないことです。企業はもちろん、社会や市場にとっても正しい価値でなければ意味はありません。

 

 

【参考記事】

 

 

 

求人情報の探し方

 

 あなたの価値を認めてくれる企業は、あなたの求人の探し方次第で見え隠れします。情報量や更新頻度が多く、且つ、信用できる求人サービスの活用を心がけ、また、33歳という若さも武器とするため、スカウト機能の活用も重視しながら求人情報をかき集めていきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

履歴書や職務経歴書を書く

 

 履歴書と職務経歴書には、それぞれ「見られる部分」が存在しています。そこを意識すると、独りよがりの書類ではなく、企業に読んでもらうための書類が出来上がります。的外れの書類にならないよう、また、応募書類の段階からマナーを守り、ポイントをしっかりと稼いで面接へと繋げましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接を突破しよう

 

 人当たり、という表現は曖昧かもしれませんが、面接ではここも重視されます。発声練習や表情の作り方も対策として取り入れてみましょう。年齢に合った若々しさと経験、そして将来への展望も含めて表現するようにしてください。トータルでポイントが稼げれば、内定へとかなり近づけるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

退職・入社準備をする

 

 退職活動は、臨機応変さが求められるでしょう。退職日を延ばして欲しいと言われることもあるかもしれません。できれば会社の要望に従い、その上で転職活動や入社日などを臨機応変に転換していく必要があります。過剰に従う必要はありませんが、譲歩も見せつつ対応していくべきでしょう。

 

 

【参考記事】